第32回信号処理シンポジウム@盛岡

平成29年11月8日~10日,盛岡地域交流センター(マリオス)にて第32回信号処理シンポジウムが開催されました.

本研究室からは,村松が以下の発表を行いました.

  • C6-4
    非負制約を利用したen-face OCTボリュームデータ信号復元
    ○村松 正吾(新潟大学),崔 森悦(新潟大学),小野 峻佑(東京工業大学),伊藤 迅平(新潟大学),太田 岳(新潟大学),任 書晃(新潟大学),日比野 浩(新潟大学)

今回,村松はTPC委員長も努め,発表プログラム作成と以下の企画立案に携わりました.

  • チュートリアル講演
    T-1 Raspberry PiとROSを使ったロボットシステム
    ○上田 隆一(千葉工業大学)
  • M 企業ワークショップ
    M-1 Beyond sensing and processing, MATLAB history in AI
    ○Loren Shure(The MathWorks)

何れも刺激的な内容で,シンポジウムの活性化に繋がったと思います.

他にも,IEEE SPS DL の Gary 氏,石川啄木記念館の森館長のご講演もありバラエティに富んだ内容を勉強することが出来ました.

全体の発表件数も多く,最終日の夕方までセッションを詰め込むことになり,最後の発表まで活気が維持されるか心配していました.が,それも杞憂に終わり,ほっと胸をなでおろし帰路につきました.

結局,冷麺,じゃじゃ麺,冷麺,お土産冷麺という麺づくしの出張でしたが,わんこそば食べなかった(><)

現地実行委員の岩手大学の皆様,大変お世話になりありがとうございました.

追伸:来年は東京の予定!

 

電子情報通信概論「デジタル信号処理」

11月7日(火)1限目に情報電子分野1年生向けの電子情報通信概論を村松が担当しました。

内容は、「デジタル信号処理」

1コマ(90分)の講義で時間と前提知識の制約の中、何とか伝えるべきところは伝えられたのではないか?と思います。

レポートを一部抜粋してご披露します。

















MATLAB EXPO 2017 Japan 講演報告

MATLAB EXPO 2017 Japan にて村松が以下の講演を行いました。

MATLABで開発するカメラ搭載Raspberry Pi Zeroローバー

会場: グランドニッコー東京 台場
日時: 2017年10月31日(火) 13:00-13:40
Track: 実装ソリューション
講演番号:  F1

お遊び MATLAB Lightning Talk (LT 会)12:00~でもダイジェスト版(5分)発表を行いました。

残念ながらデモに失敗…

本番は何とか動きました(´▽`) ホッ

ソースファイルは以下のサイトにあります。

MATLAB EXPO 2017 Japan にて講演

MATLAB EXPO 2017 Japan にて村松が以下の講演を行います。

「MATLABで開発するカメラ搭載Raspberry Pi Zeroローバー」

会場: グランドニッコー東京 台場
日時: 2017年10月31日(火) 13:00-13:40
Track: 実装ソリューション
講演番号:  F1

内容:
子どもたちのプログラミング体験を増やすために、楽しみながら学ぶエデュテイメントが充実してきている。もちろん、大人にとってのエデュテイメントがあってもよい。MATLAB®はその有力な候補である。初心者にも簡単で、計算論的思考力を楽しみながら身に付けることができる。本講演では、このようなMATLABの機能や環境を利用したエデュテイメントの例として、Raspberry Pi™ Zero (以下、ラズパイZero)との連携によるカメラ搭載ローバーの開発事例を紹介する。安価なラズパイZeroと工作キットで自作したローバーをWi-Fi経由で接続したホストPC上のMATLABから遠隔制御するアプリについて概説する。ラズパイZeroに搭載したカメラやセンサからデータを受け取る方法やそのデータをMATLABの高度な関数で処理する例を紹介する。System object™ を利用してSimulink® モデルに組み込むデバイス・ドライバ・ブロックを開発する方法など、発展的な内容についても簡単に触れる。

 

 

平成29年度電子情報通信学会信越支部大会

平成29年10月7日(土)、信州大学長野キャンパス(工学部)にて平成29年度電子情報通信学会信越支部大会が開催されました。

MSIP Lab からは以下の成果発表を行いました。

  • 伊郷恭平,村松正吾,安田浩保,早坂圭司:スパース表現による河床状態推定の検討,平成29年度電子情報通信学会信越支部大会,信州大学,2017年10月7日

2017年10月以降の発表予定

国際会議

  • Satoshi Nagayama, Shogo Muramatsu, Hiroyoshi Yamada and Yuuichi Sugiyama: Millimeter Wave Radar Image Denoising with Complex Nonseparable Oversampled Lapped Transform, Proc. of APSIPA Annual Summit and Conf.,Dec. 2017, to appear

国内学会

  • 伊郷恭平,村松正吾,安田浩保,早坂圭司:スパース表現による河床状態推定の検討,平成29年度電子情報通信学会信越支部大会,信州大学,2017年10月7日
  • 村松正吾,崔森悦,小野峻佑,伊藤迅平, 太田岳, 任書晃,日比野浩:非負制約を利用した en-face OCTボリュームデータ信号復元,第32回信号処理シンポジウム,盛岡,2017年11月8-10日
  • 齋藤選,五十嵐拓実,安田浩保,早坂圭司,村松正吾:交互砂州発達過程における2 次元浅水流モデルの適用性,第35回 土木学会関東支部新潟会 研究調査発表会,長岡,2017年11月9日
  • 齋藤選,五十嵐拓実,安田浩保,早坂圭司,村松正吾:平成29年九州北部豪雨における群発表層崩壊の発生要因,第35回 土木学会関東支部新潟会 研究調査発表会,長岡,2017年11月9日
  • 安康,村松 正吾,安田 浩保,早坂 圭司:河床状態推定のための水面観測モデルの検討,電気学会東京支部新潟支所大会,新潟,2017年11月11日

ICIP2017@Beijingにて成果発表

2017年9月17日〜20日に中国北京のChina National Convention CenterにてICIP2017が開催されました。

本研究室からは、以下の2件の発表を行いました。

M2長山
Paper Title: COMPLEX NONSEPARABLE OVERSAMPLED LAPPED TRANSFORM FOR SPARSE REPRESENTATION OF MILLIMETER WAVE RADAR IMAGE

村松
Paper Title: MULTIDIMENSIONAL NONSEPARABLE OVERSAMPLED LAPPED TRANSFORMS: THEORY AND DESIGN

また、村松は以下のセッションの座長を務めました。

WA-PB: Image Restoration I

Elad 先生が基調講演で述べていた「なぜ、ReLUは Positiveだけなんだ?」という訴えに共感を覚え、Givens変換を扱う論文がBest Paper Award を受賞するなど、本研究室にもまだまだ貢献できる余地があるとの思いを胸に帰国しました。

OBの陈君と姚君には大変に良くしてもらいました。谢谢!

http://2017.ieeeicip.org/



小野峻佑先生集中講義

平成29年9月5日(火),6日(水)の二日間、小野峻佑先生(東京工業大学 未来産業技術研究所助教/JST さきがけ 個人研究者)に集中講義をご担当いただきました。

先端科学技術総論(電気電子工学コース)
~信号処理・画像処理 と凸最適化~

基礎から先端的応用まで,MATLAB演習を交えての大変充実した内容でした。

ありがとうございました。