学位申請公開論文発表会の開催について

栗原信君の学位申請論文発表会を以下のとおり開催します。

  1. 申請者氏名
    栗原 信
  2. 学位申請論文名
    Study on Low Bit-Rate Distributed Compressive Video Sensing
    (分散圧縮ビデオ符号化の低ビットレート化に関する研究)
  3. 論文発表会の開催日時
    平成29年8月7日:13時00分~14時00分
  4. 論文発表会の場所
    工学部A-509室

ICIP 2017: 発表セッション

ICIP2017の以下のセッションにて本研究室からの発表を行います。

CAS/VLD/SIP/MSS合同研究会@新潟6月

2017年6月19日(月)、20日(火)の二日間、新潟大学付属中央図書館ライブラリーホールにて電子情報通信学会CAS/VLD/SIP/MSSの4研専合同研究会が開催されました。

開催プログラムはこちら

本研究室からは、会場世話役として村松、受付・会場係アルバイトとしてB4,M2の学生が運営に協力しました。

参加者

発表会

19日 53名
20日 40名

延べ  93名

懇親会

招待  1名
一般 20名
学生  9名

合計 30名

MSIP Lab からの発表

また、MSIP Lab からは以下の講演を行いました。

  •  ○村山瑞貴・村松正吾・菊池久和(新潟大):デジタルカラー画像のための情報類似度指標と主観評価実験による検証
  •  ○長山知司・村松正吾・山田寛喜(新潟大)・杉山裕一(富士通テン):繰り返し縮退に基づく複素非分離冗長重複変換を利用したレーダ画像ノイズ除去手法の提案

加えて、村松が以下のパネル討論に参加しました。

  • ○金子美博(岐阜大)・岡崎秀晃(湘南工科大)・越智裕之(立命館大)・村松正吾(新潟大)・豊嶋伊知郎(東芝):[パネル討論]システムと信号処理サブソサイエティの役割 ~ チュートリアル講演の位置づけ ~ 

謝辞

多くの方のご協力により無事に研究会を終えることができました。ありがとうございました。

2017年7月以降の発表予定

国際会議

  • Shogo Muramatsu, Kosuke Furuya and Naotaka Yuki, Multidimensional Nonseparable Oversampled Lapped Transforms: Theory and Design, Journal Presentation at IEEE International Conference on Image Processing(ICIP), Beijing, China, Sept. 2017, to appear
  • Satoshi Nagayama, Shogo Muramatsu, Hiroyoshi Yamada and Yuuichi Sugiyama: Complex Nonseparable Oversampled Lapped Transform for Sparse Representation of Millimeter Wave Radar Image,  Proc. of IEEE International Conference on Image Processing(ICIP), Beijing, China, Sept. 2017, to appear
  • Genki Fujii and Shogo Muramatsu: Adaptive Learning Rate Control for Nonseparable Oversampled Lapped Transform Design, Proc. of ITC-CSCC, Busan, Korea, July 2017, to appear

国内学会

  • 小林拓光・山田寛喜・村松正吾(新潟大)・杉山裕一(富士通テン)・山口芳雄(新潟大)車載ミリ波レーダを用いたスクイントモードSARにおける簡易的イメージングに関する検討,信学技報,SANE,大阪工業大学,2017年8月24-25日

NSOLT論文(ICASSP2014)の引用

辞書学習法Method of optimal directions(MOD)で有名なKjersti Engan先生(University of Stavanger, Norway)らの以下の論文で、私たちのNSOLT(ICASSP2014)論文が構造化辞書学習の一手法として引用されました。

NSOLTについてはこちら