IEEE ICASSP2019@Brighton にて研究発表

2019年5月12日~17日、イギリス ブライトンにある The Brighton Centre にてIEEE ICASSP2019が開催されました。

MSIP Labからは修士2年 金子が以下の発表を行いました。(資料

Paper: 2153

Location: Poster area F

Session: IVMSP-P2: Image, Video, and Multidimensional Signal Processing

Time: Tuesday, May 14, 17:30 – 19:30

Presentation: Poster

Title: CONVOLUTIONAL-SPARSE-CODED DYNAMIC MODE DECOMPOSITION AND ITS APPLICATION TO RIVER STATE ESTIMATION

Authors: Yuhei Kaneko, Shogo Muramatsu, Hiroyasu Yasuda, Kiyoshi Hayasaka, Yu Otake, Shunsuke Ono, Masahiro Yukawa

有名企業や各国名門大学に所属する方々の貴重な講演や研究発表を通しての国際交流等、全ての経験が素晴らしいものでした。

IEEE ICASSP2019 採択

以下の研究成果が IEEE ICASSP2019@Brighton(英国)に採択されました。

Title: ‘CONVOLUTIONAL-SPARSE-CODED DYNAMIC MODE DECOMPOSITION AND ITS APPLICATION TO RIVER STATE ESTIMATION’
Authors: Yuhei Kaneko, Shogo Muramatsu, Hiroyasu Yasuda, Kiyoshi Hayasaka, Yu Otake, Shunsuke Ono, Masahiro Yukawa
Session Type: Poster
Session Title: ‘Enhancement and Restoration II’

ICIP2017@Beijingにて成果発表

2017年9月17日〜20日に中国北京のChina National Convention CenterにてICIP2017が開催されました。

本研究室からは、以下の2件の発表を行いました。

M2長山
Paper Title: COMPLEX NONSEPARABLE OVERSAMPLED LAPPED TRANSFORM FOR SPARSE REPRESENTATION OF MILLIMETER WAVE RADAR IMAGE

村松
Paper Title: MULTIDIMENSIONAL NONSEPARABLE OVERSAMPLED LAPPED TRANSFORMS: THEORY AND DESIGN

また、村松は以下のセッションの座長を務めました。

WA-PB: Image Restoration I

Elad 先生が基調講演で述べていた「なぜ、ReLUは Positiveだけなんだ?」という訴えに共感を覚え、Givens変換を扱う論文がBest Paper Award を受賞するなど、本研究室にもまだまだ貢献できる余地があるとの思いを胸に帰国しました。

OBの陈君と姚君には大変に良くしてもらいました。谢谢!

http://2017.ieeeicip.org/



NSOLT論文(ICASSP2014)の引用

辞書学習法Method of optimal directions(MOD)で有名なKjersti Engan先生(University of Stavanger, Norway)らの以下の論文で、私たちのNSOLT(ICASSP2014)論文が構造化辞書学習の一手法として引用されました。

NSOLTについてはこちら