IEEE ICASSP2018@Calgary にて研究成果発表

2018年4月15日〜20日、カルガリーCalgary Telus Convention Center (CTCC)にてIEEE ICASSP2018が開催されました。

MSIP Lab からは村松が以下の成果発表を行いました。(資料

Paper: 1333
Session: BISP-L1: Biomedical Imaging and Inverse Problems
Location: Glen 206
Time: Friday, April 20, 09:50 – 10:10 (Approximate)
Presentation: Lecture
Topic: Bio Imaging and Signal Processing: Bioimaging and microscopy
Title: OCT VOLUMETRIC DATA RESTORATION VIA PRIMAL-DUAL PLUG-AND-PLAY METHOD
Authors: Shogo Muramatsu
Samuel Choi
Shunsuke Ono
Takeru Ota
Fumiaki Nin
Hiroshi Hibino

 

2018年2月以降の発表予定

国際会議

  • Shogo Muramatsu, Samuel Choi, Shunske Ono, Takeru Ota, Fumiaki Nin and Hiroshi Hibino: OCT Volumetric Data Restoration via Primal-Dual Plug-and-Play Method, Proc. of 2016 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP)Apr. 2018, to appear

国内学会

  • 〇栢森翔太,中野永人,長山知司,村松正吾,阿部淑人:伝統的工芸品のBRDF圧縮センシング,2018年電子情報通信学会総合大会,東京電機大学,2018年3月
  • 栢森翔太,大竹加廉,〇村松正吾,阿部淑人:DCGANを利用した伝統的工芸品のテクスチャ合成,2018年電子情報通信学会総合大会,東京電機大学,2018年3月
  • 〇吉田祐太,今井啓太,村松正吾:カラー画像処理のための重複加算法による非分離冗長重複変換の組込み実装,2018年電子情報通信学会総合大会,東京電機大学,2018年3月
  • 〇長山知司・村松正吾・山田寛喜:複素非分離冗長重複変換を用いた超解像の検討,電子情報通信学会信号処理研究会,石垣島,2018年3月